「ほっ」と。キャンペーン

タグ:世界で一番結婚に近くて遠い女 ( 3 ) タグの人気記事

結婚に一番近くて遠い女 すみれの花のリングができるまで その3


a0112420_11275747.jpg

a0112420_11263663.jpg
ひたすら、浮きだすように彫っていきます。ハーフレリーフといわれ、美術彫刻でも使われる技法です。
ただ、彫り込む対象が小さいので、そても繊細な作業。
優しく柔らかな曲線は機械彫りでは作ることは難しいでしょう。
ワックスで原型ができたところで、型取りをします。

ご購入はこちらから→日テレ屋(日本テレビ公式ショップ)

今日(3月6日)午後9時からの金曜ロードショー「結婚に一番近くて遠い女」みなさん観てくださいねー!!!

ドラマで謎の女、を演じる稲森いずみさんとは、縁あって2度目のお仕事つながり。相変わらず、透明感と圧倒的な存在感をあわせもったオーラ溢れる美しい方でした。うっとり。

そして、物語のなかで、指輪が何を意味するのか? お楽しみに!
a0112420_11380287.jpg
台本には、マジェスフィッセンの名前とシンタロウさんの名前がクレジットされています♪

公式HP→結婚に一番近くて遠い女




[PR]
by sayaka_ozawa | 2015-03-06 11:40 | 仕事のこと | Comments(0)

結婚に一番近くて遠い女 すみれの花リングができるまで その2

a0112420_13511294.jpg
まず、ワックス(蝋)の塊から、大体の形を 作っていきます。
有機的な形を生かすため、鋳造方法での作成となります。
完成後、蝋を石膏に埋没して型をとる方法です。
蝋は高熱で溶け、石膏にその蝋の形が残ります。古くはメソポタミア文明より伝わる伝統的な方法です。日本では奈良の大仏(大きさの比は全然違いますが…)も同じ方法で作られています。
a0112420_13555936.jpg
ケガキ(手前の道具)で、アウトラインをワックス上に描きながら彫っていきます。ワックスには、油性ペンで大体のあたりをつけていくことが多いです。
ここから、立体感を出していくのが職人の技となります。


[PR]
by sayaka_ozawa | 2015-03-03 13:58 | 仕事のこと | Comments(0)

すみれの花のリング ができるまで その1

a0112420_19201744.jpg

今回は3月6日放送の金曜ロードショースペシャルドラマの劇中使用商品をデザイン&作成しました。
すみれの花を‥とお話をいただいてびっくり、そして嬉しく思いました。

a0112420_1920340.jpg

ドラマのイメージに合うように関係各所の皆さんのご意向を伺いながら何種類もデザインを描き…
最終的に決まったのが、このデザイン。

すみれの花の指輪について詳しくは、後日、番組ホームページにて。
(すでに、こちらで販売予告がされていますー♪)
結婚に一番遠くて近い女

前に、生田スタジオでの収録に伺ったとき、イモトアヤコさんとお話をして、とーってもいい人だったことを書きました。

…さらに、自慢していい??
佐々木希ちゃんにも会ったのー!!!!!!
もうね、希ちゃんは、お人形さんっていうか、お人形以上にかわいすぎるってほどかわいくて、そしてめちゃくちゃキュートな子でした。萌え死ぬかと思った…。かわいいは正義。

そして今回も「できるまでシリーズ」 放映日にむけて、その2に続きます。

((今から子供たちと「行ってQ」観るーー!))
[PR]
by sayaka_ozawa | 2015-02-22 19:58 | 仕事のこと | Comments(0)