<   2011年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

帰ってすぐ20分でごはん その270

a0112420_20205389.jpg

ポークソテー 玉ねぎとサワークリーム添え
マッシュドポテト
モロッコいんげん
水菜とパプリカのスープ
さつまいものスパイス蜂蜜煮

LAディナー風ということで、本当は冷凍のグリーンピースを添えたかった…。


さつまいもは、水、蜂蜜、グローブ、シナモンで甘く煮ただけ。さつまいもは、よくレモン煮を作るのだけど、レモンがなかったのでスパイスで。
シナモン好きのゆうたろう大絶賛の味に仕上がりました。
明日のお弁当にも入れて欲しいとのこと。
かしこまりましたー!

ゆうたろうは、明日、お弁当を持って諏訪湖まで行くのですって!楽しそう☆
[PR]
by SAYAKA_OZAWA | 2011-10-31 19:26 | 帰ってすぐ20分でごはん | Comments(2)

happy halloween

a0112420_1351391.jpg

ゆうたろう 1歳@ハロウィーンの会 の写真。

しみじみ眺めていたら、横からゆうたろう(現在8歳)がやってきて、

「うわー、オレ、若い!」

おっさんか。
8歳も十分若いですって。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2011-10-31 13:55 | 季節のたより | Comments(3)

妖怪人間ベム ネックレス ができるまで<その2>

ご購入はこちらから 日テレ 妖怪人間ベム 公式サイト

妖怪人間ベムネックレス ができるまで その1

その1では、ステッキ部分の製作過程をご紹介しましたが、、、今度は、ステッキの上部、ハートをモチーフにしたパーツを作っていきます。
ステッキ部分と同じくワックス(蝋)の塊から、削りだしていくわけですが、
a0112420_167922.jpg

大まかにアウトラインを作り
a0112420_1682466.jpg

あっという間に、完成。シンタロウさん、さすがです、、、
a0112420_16101772.jpg

立体的なフォルムになっています。こういうのは、CAD(コンピューターによる立体造形)では、なかなか作れないデザイン。
両面とも彫っているので、石のあるほう、ないほう、で、リバーシブルでも使えたりします。
このあたりの気遣いも、マジェスフィッセンならでは。
((、、、って、今回はOEMなので、公には名前は出ないのですけど、それでも作るからには、いつも本気モードです!!))
a0112420_1617152.jpg

片面に石をセットするためのくぼみをつけます。あとは、銀の原型ができあがってから、爪を地金で作るのです。
a0112420_1619557.jpg

こんな感じになるということです!!
この時点で、どちらの向きでステッキをつけるか悩んでいたので、この写真は逆ですね、、実際の商品は、反対向きになりました。こっちの向きは、ちょっと脊髄すぎるというわけで。

妖怪人間ベム 日本テレビ系列にて 土曜夜9時から(今から1時間後!!)放送です☆

、、、、なんて書いていたら、
「こんばんわー!」と五十嵐(弟)くんが、やってきました。(一泊里帰りらしい)
なんとタイムリー。
KAT-TUNの新曲「BIRTH」のPV & CD ジャケットのスタイリングを手がけてます。
11月30日発売。
五十嵐くんいわく、「自分で言うのも何ですけど、、、めちゃめちゃかっこいいですからね!」ですって。
どんなスタイリングなのかなー。五十嵐くんセンスなら間違いない。期待!
[PR]
by sayaka_ozawa | 2011-10-29 20:04 | 仕事のこと | Comments(2)

小学生男子 その15

a0112420_2051285.jpg

男子の筆箱。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2011-10-28 20:53 | 家族のこと | Comments(4)

壺のはなし

従兄弟に教えてもらった話。

*********

ある大学でこんな授業があった。

「クイズの時間だ」教授はそう言って大きな壺をとり出し、教壇に置いた。

その壺に、彼は一つひとつ石を詰めた。

壺がいっぱいになるまで石を詰めて 彼は学生に聞いた。

「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。



「本当に?」といいながら、教授は教壇の下からバケツいっぱいの砂利を取り出した。


そして、砂利を壺の中に流し込み、壺を揺らしながら、石と石の間を砂利で埋めてゆく。


そうしてもう一度聞いた「この壺は満杯か?」学生は答えられない。

ひとりの学生が「多分違うだろう」と答えた。



教授は「そうだ!」と笑い、今度は教壇の下から砂の入ったバケツをとり出し、

それを石と砂利の隙間に流し込んだ後 3度目の質問を投げ掛けた。



「この壺はこれでいっぱいになったのか?」

学生は声をそろえて「いいえ」と答えた。



教授は水差しをとり出し、壺のふちまでなみなみと水を注いだ。


「僕が何を言いたいか、わかるだろう?」




ひとりの学生が手を上げた。

「どんなにスケジュールが忙しい時でも。最大限の努力をすれば、 いつも予定を詰め込むことが可能ということです」


「それは違う」と教授


「重要なポイントはそこにはないんだよ。
この例が私たちに示してくれている真実は、大きな石を先に入れない限り、 それが入る余地は、そのあと二度とないということだ」



「私たちの人生にとって、大きな石とはなんだろうか?」




「それは仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、

家族であったり、自分の夢であったり。

ここで言う大きな石とは君たちにとって一番大切なものだ。

それを最初に壺の中に入れなさい。


さもないと君たちは、それを永遠に失うことになる。


もし君たちが小さな砂利や砂、

つまり自分にとって重要度の低いものから自分の壺を満たしたならば、

君たちの人生は重要でない何かで満たされたものになるだろう。



そして大きな石、つまり自分にとって一番大切なものにさく時間を失い、

その結果、それ自体を失うだろう」
[PR]
by SAYAKA_OZAWA | 2011-10-27 20:38 | Comments(3)

帰ってすぐ20分でごはん その269

a0112420_205407.jpg

赤かれいの煮付け
ピーマンとしめじの煮浸し
赤ピーマンとレンコンのマリネ
卵とレタスのサラダ
椎茸のお味噌汁
さつまいもご飯
[PR]
by SAYAKA_OZAWA | 2011-10-27 19:10 | 帰ってすぐ20分でごはん | Comments(0)

帰ってすぐ20分でごはん その268

a0112420_21255335.jpg

鮭のムニエル
レンコンと赤ピーマンのマリネ(作り置き)
ほうれん草と椎茸のソテー
お土産に頂いた季節の蒲鉾
サラダ
なめこのお味噌汁
a0112420_21255430.jpg


なめこ。スーパーのより、ずっと美味しい。

a0112420_21255464.jpg

もうキノコの季節もおしまいかな…。
からす川、ぐんと寒くなりました。
[PR]
by SAYAKA_OZAWA | 2011-10-26 21:13 | 帰ってすぐ20分でごはん | Comments(0)

秋のお散歩

シンタロウさんが忙しいので、今日は私が保育園への送り担当。
家から歩いて5分くらいのからす川の保育園。
てくてく、二人並んで歩き、、(すみれは、イナゴを集めながら、、苦笑)

帰りは、のんびりひとり、ミニ散歩。

保育園から家に向かう道
a0112420_20565996.jpg

稲刈りが終わり、山は紅葉の盛り。
a0112420_20584151.jpg

見上げれば、柿が色づいていました。
a0112420_20593127.jpg

銀杏の黄色い絨毯。
a0112420_210415.jpg

栗はもう、終わりがけ。
(茹でて子供たちと食べたりしたのだけれど、写真撮らずじまい)
a0112420_211522.jpg

椎茸もにょきり。

明日は、東京からお客様がいらっしゃるので、一緒に安曇野プチ観光の予定。
きっと山の中はもっと紅葉がきれいなはず!!
楽しみ。

晴れますようにーーーー!
[PR]
by sayaka_ozawa | 2011-10-25 21:05 | 季節のたより | Comments(2)

帰ってすぐ20分でごはん その267

a0112420_19273399.jpg

牛すね肉の煮込みサワークリーム添え
こどもシェフのスペシャルサラダ
バケット

牛すね肉が特売になっていたのでした。
朝の支度のかたわら、圧力鍋で加圧すること15分。そのまま自然冷却〜放置。

帰ってから、温め直して、いんげん豆だけ別茹でして完成。
20分、余裕!!

そこで、今回は、すみれシェフとゆうたろうシェフにサラダを作ってもらいました。
a0112420_19325516.jpg

レタスは細く切ってみることにしたようです。
包丁の使い方もなかなか上手になってきました。
a0112420_19365017.jpg

サワークリームを入れても美味しい☆

なんでもない日の夕食。楽しいシェフ&レストランごっことなったのでした。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2011-10-25 20:25 | 帰ってすぐ20分でごはん | Comments(4)

妖怪人間ベム ネックレス ができるまで<その1>

恒例(?)の「できるまで」シリーズ。今回は妖怪人間ベム☆

a0112420_13541689.jpg

ステッキとハートをくっつけた形に、、という、お題があったので、、、
デザイン画をおこし、各方面の許可を頂いてから、製作開始。
a0112420_13553647.jpg

今回もワックスで蝋原型を作っていきます。
(この原型をもとに、ゴム型をとり、シルバーで鋳造していきます)

だいたいの形に削って、、、、
a0112420_13563411.jpg

こんな、先の尖った道具などで、地道に削りだしていきます。
小さな彫刻というわけです。
脊髄をイメージしているという、ステッキの資料写真をみながら、、、、
かなり忠実に再現しています。
a0112420_13573245.jpg

ほとんど完成。

次回はハート部分の製作工程をご紹介します。
つづく!!

完成品の写真とご購入はこちらから→日テレ屋 妖怪人間ベム グッズ 公式サイト
[PR]
by sayaka_ozawa | 2011-10-24 14:01 | 仕事のこと | Comments(0)