<   2009年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

幸せ朝ご飯

このところ子供を寝かしつけてからの夜作業が続いています。
うっかり二度寝をして寝坊。
慌てて起きてきたら、またも(?!)シンタロウさんが朝ご飯を作ってくれていました。

うれしいなあ。
ありがとう。
a0112420_8193455.jpg


それでは、これから東京へ行ってきまーす。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-09-30 08:53 | 帰ってすぐ20分でごはん | Comments(2)

帰ってすぐ 20分でごはん その72

a0112420_1911104.jpg

牛肉と青梗菜オイスターソース炒め
ナスの揚げ浸し
サラダ
わかめ、ニンジンとねぎの中華スープ
ごはん

仕事が忙しいです、、、
やたらめたら忙しいです、、、
子供が寝静まったので、今夜もこれからお仕事です。
がんばるぞ☆

明後日は、またまた汐留で打ち合わせです。シンタロウさんも忙しいので、ひとりで電車で行ってきます。やっぱりsuica買おうかな、、、。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-09-28 21:45 | 帰ってすぐ20分でごはん | Comments(2)

帰ってすぐ? 30分でごはん

a0112420_2132698.jpg

スーパーで里芋が特売でした。
そういえば、里芋の甘くてこっくりした煮ころがしが食べたいなあ、と思ったのです。

よーくお芋に火を通してから(ここで慌てると、ごそごそした食感になってしまうのです)砂糖、酒をいれてことこと。それから、醤油とみりんを加え、煮詰めて行きます。
大急ぎでお湯をわかし里芋をむいていったけれど、終わった所で時計を見たら、ちょうど30分かかっていました。
下茹でを朝のうちにしておけば、20分で作れるはず、次回リベンジです。
a0112420_21253011.jpg

そんな訳で、本日は30分ごはんです。

里芋の煮ころがし
さんま塩焼き
にんじんサラダ
胡麻だらけのきんぴらごぼう
青梗菜のお味噌汁
しいたけ丼

ゆっくり時間をかけただけあり、思った通りの甘辛煮物が無事完成。子供たちもたくさん食べてくれました。

しいたけ丼は刻みしいたけを醤油とみりんと酒で炒め煮たもの。おとなりの「新宅のジジ」が育てたしいたけです。(朝、お味噌汁、昼、鶏肉とソテー、、、今日はしいたけづくしでした。)
a0112420_21313841.jpg

[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-09-25 21:33 | 帰ってすぐ20分でごはん | Comments(3)

オークリヨードヴァン

a0112420_21391127.jpg

2000年。お店の開店準備をしていた時、駐車場探しをしていて、偶然みつけた川沿いのかわいいカフェ。
シンタロウさんとふたりでコーヒーを飲んだのが最初だったと思います。
フランスで修行を積んだご主人と、明るくて笑顔のすてきな奥さん。ご夫婦ではじめたばかりのお店ということで、勝手に親近感を抱いたのでした。

コーヒーもおいしいし、なにより、お料理がおいしい!
子供のできる前は、シンタロウさんとよく食べに行ってました。
でも、ユウタロウが生まれてからは、なかなか行けなくて、ご無沙汰になっていたのです。

そして、お店から井上百貨店へむかう途中、、、ん?見覚えのある看板。
のぞくと、あのご主人と奥さんが。聞けば、10周年をむかえ、新たに移転したそうです。
雰囲気も椅子やテーブルもそのままに、ぐっと広くなって、外国のオープンカフェみたい。

5年ぶりにシンタロウさんとふたりで夕食を食べました。
味も変わらず美味しかったのでした。お皿の写真がないのは、そう、食べるのに夢中で写真を撮るのをすっかり忘れたからです。

オークリヨードヴァン Au Crieur de Vin
[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-09-24 21:42 | 松本安曇野のお店 | Comments(2)

なつかし牛乳カン

小学校のとき、時々給食で食べませんでしたか?牛乳カン。
寒天粉を用意しておけば、思い立った時に簡単に作れるので、こどものおやつの定番です。
a0112420_20403297.jpg

野田琺瑯の大きな容器でたっぷり作れば、火にかけて、あら熱をとって、そのままフタして冷蔵庫へ。と洗い物いらず。

夏たくさん頂いて冷凍しておいたブルーベリーをのせて、本日の食後のデザートです。
a0112420_2041136.jpg

[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-09-23 21:48 | おやつとパン | Comments(0)

栗の木

a0112420_19281397.jpg

きのこ以外の秋の味覚もスタンバイ中です。
我が家の裏庭(つまりシンタロウさんの実家の庭)に、シンタロウさんが小さい頃からあるという大きな栗の木。
写真では見にくいかな?まだ青いけれど、立派なイガグリが育っています。
a0112420_19313618.jpg

早いのは今日の雨で落ちて来て、このとおり。
突然、ぽてっとイガグリが落ちてくるので、ちょっとドキドキですが、おかげで毎年おいしい栗が食べられるのです。

去年までは柿の木もあって、毎年タカコさん(ばあば)が干し柿を作ってくれていたのだけど(これがまた絶品)家を建てるにあたって移植したら枯れてしまったのでした。
でも、じいじが新しい柿の苗を畑の隅に植えていたので、しばらくしたら、また食べられる事でしょう。モモクリ3年カキ8年、、、ちょっと気の長い話ですけれど。
a0112420_19451339.jpg

おまけ。庭の彼岸花。今日はお彼岸でしたね。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-09-23 21:26 | 季節のたより | Comments(3)

ツナサンド

a0112420_1704968.jpg

カリフォルニアに住んでいた頃、よくランチに食べたもの。

たっぷりクリームチーズのベーグル
チキンとアボカドのトルティーアラップ
そしてツナサンド

カリフォルニアのツナサンドには刻んだセロリが入っているのが定番。
久々に食べたいな、と思って作りました。
ツナの水気(あるいは油気)をよく切ってセロリとマヨネーズと塩少し。(もし子供がいなければ胡椒も忘れずにね。)

パンプキンシチューと水菜にミョウガしょうゆ漬けを和えたサラダが私の分。
子供たちは、シチュー、水菜のかわりにプチトマト。ツナサンド1個とジャムサンド2個。
いつもサラダのセロリはあまり食べないので、どうかな、と思っていたのですが、ツナに混じっていると食べやすいのか、ふたりとも拍子抜けするくらいペロリと食べてしまったのでした。

昨日(土曜日)に仕事に出て、かわりに今日がお休み。(AQ ちゃんがバイトで入ってくれています。いつもありがとう☆)
朝からサッカーの練習に行き、図書館へ行き、病院へ寄って喘息のおくすりをもらい、帰ってランチ。
午後は子供たちはじいじの家へ遊びに行ってしまったので、ひたすら家の掃除と洗濯、ネギを小口切りして冷凍とか、地味な下ごしらえなどなど。

10年前、カリフォルニアでツナサンドを食べていた頃は、今の自分は全く想像できなかったなあ。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-09-20 17:13 | 帰ってすぐ20分でごはん | Comments(4)

帰ってすぐ 20分でごはん その71

a0112420_9405760.jpg

鮭と白菜の包み蒸し
にんじんのきんぴら
水菜のサラダ梅干し入り
えのきと小松菜のお味噌汁
ごはん

きょうは手抜き。
鮭と白菜はお酒をふってからクッキングシートにくるんで、レンジで6分。
ちょっと長過ぎたかな、次は5分で様子をみます。レンジによってクセがあると思うので、適当に。
食べる時にポン酢をたらして食べました。

もちろん、オーブンでも作れます。オーブンの方がふっくら仕上がりますが、余熱しなくていいし、オーブンのないおうちでも作れて手軽かもしれませんね。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-09-18 21:39 | 帰ってすぐ20分でごはん | Comments(2)

マツタケスキヤキ

a0112420_211647100.jpg

今朝は、シンタロウさんが松茸狩りへ。
この通り、たくさん採れました。

軸がまだ細いので、こういうのは夏マツタケ、と呼ばれているそうです。暑い時期に成長しはじめるので、内部に虫食いが多いのが特徴だとか。
これから、だんだん軸がぷっくりしてくると、さらに美味しく。
とはいえ、自家用には十分です。

一旦仕事に出たものの、シンタロウさんも珍しく(?)夕飯の時間に家に戻り、念願のマツタケすき焼き。ここぞとばかり、たっぷり松茸を裂いて入れて。
a0112420_21201095.jpg

ちなみに子供たちはマツタケ嫌いだそうですが、お肉は争って食べていました。
ああ、おいしかった。
たっぷり秋の贅沢を満喫した夕ご飯だったのでした。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-09-16 21:31 | 帰ってすぐ20分でごはん | Comments(2)

絵本の読み聞かせ

ずっと小さいころから、子供たちが寝る前に絵本を読むのが日課です。

ゆうたろう(もうすぐ6歳)は、絵本から、童話に近い、長い物語を楽しむようになってきたので、最近は布団に入って聞いています。
すみれも自分の絵本を読んでもらった後は、真似して、布団に入って聞いています。

「エルマーのぼうけん」が目下のお気に入り。
読み応え(聞き応え?)がありつつも、難しい表現が少なく、物語に入っていきやすいようです。竜と冒険、という男の子ゴゴロをがっちりつかむストーリー。
a0112420_2145949.jpg


5歳の誕生日のころは、小児科で見つけた絵本が気に入って、あまりに毎回読むので買ってあげた「急行「北極号」」が大好きでした。渋めの絵とお話なので、何が彼を惹き付けたのか解からなかったのですが、そういえば、私も、同じ作者の庭園の話(やはり渋め)を幼稚園で何度もよんだな、と後になって思い出したのでした。大人も楽しめる絵本です。村上春樹訳。
a0112420_2149086.jpg


4歳の誕生日のころは
「すてきな3にんぐみ 」だったかな。今はちょうど、すみれが気に入っています。
a0112420_21503054.jpg


ちなみに、私が絵本を選ぶ基準は、、、内容ももちろんですが、絵が優れていること。
子供たちは、おばけとか妖怪の本や、賑やかなイラストの本も好きですが、飽きそうな本は買わずに図書館で借りる事にしています。

<<松本で絵本を買うのにおすすめのお店>>
ちいさいおうち書店定番の「いい絵本」が揃ったお店。店員さんも知識豊富で、相談することもしばしばです。冒頭のエルマーもここで教えて頂きました。
安曇野絵本館
絵本の美術館ですが、販売も。大人のための絵本美術館なので、子供は入館できません。それでも、とても雰囲気のいい美術館で、ステキな絵本がたくさん見つかります。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-09-15 22:34 | 松本安曇野のお店 | Comments(4)