<   2009年 02月 ( 42 )   > この月の画像一覧

安曇野の家

家を設計して頂いた小川原設計一級建築士事務所のブログに我が家の竣工写真を載せて下さいました。
家具がないと、また雰囲気が違って見えるなあと改めて写真を眺めました。

もともと、シンタロウさんのお父さんが小川原先生のお父様とお知り合いということで、紹介して頂いたのですが、ホームページにある作品の写真を観て、私が漠然と考えていたことを、この先生ならきっと形にしてくれそうと、ほぼ即決でお願いする事に決めたのでした。
 
最初は住宅展示場やモデルハウス、建て売り住宅など見に行ったけど、どこもいまいち、しっくりこなくてどうしようかと思っていたのです。

漠然と、設計士さんに頼むと高い、と思っていました。
たしかに、設計料はかかります。設計料だけきいた時は、あ、けっこうするんですね、と正直思いました。
でも、全部トータルで考えると、結局は大手ハウスメーカーよりも安いと思います。
実際、いい材料とか設備を安く入れてもらえたり、業者さんと費用交渉してもらえたり、裏技的なこともいろいろしてもらいました。

OSシステムという、聞いた事なかったシステムで、お金の計算とか振込をいろんな業者さんに自分でしなきゃいけないとか、ちょっと面倒なことはあったけど、、、
家が完成して、やっぱり先生にお願いしてよかったなあと思ってます。
こうして、ちょっとした家事の合間にブログを書きやすくなったのも、先生が台所横の食品庫の奥にパソコンスペースを作ってくれたおかげだしね。

長野県内なら、設計の相談に応じてもらえると思います。興味のあるかた、是非、ダンディで気さくな先生のいる事務所を訪ねてみて下さい☆
[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-02-28 21:50 | 家のこと | Comments(4)

パンを焼く土曜日2

a0112420_20452066.jpg

今日は、牛乳たっぷりのふんわりミルクブレッド。
シフォンケーキの型のなかに、しばり入れた生地を並べてみました。
かるい食感にしたかったので、100gの薄力粉と200gの強力粉。
(薄力粉をいれるとふんわり軽いパンになるよと、名古屋でパンの先生をしているよしえちゃんに教えてもらったのです)
水のかわりの牛乳を1カップ、ドライイーストにちょっと多めのお砂糖と塩少し。
ざっくり混ぜて、こね、まとまった所でバターを20gほど。いれて、ひたすら、こね、こね。

ホームベーカリーも、こねている間に他の事ができていいけど、捏ねる作業がなかなか楽しくストレス解消になります。生地を触るのもなんだか気持ちがいい。
なので、時間がある時は基本手で捏ねて作ります。

あとは、発酵、成形、2次発酵。予熱しておいたオーブンで190度20分弱、ふんわりいいにおいがしたら出来上がり。やっとオーブンのクセがつかめてきましたよ。

スクランブルエッグ、ほうれん草とマッシュルームのソテー、サラダといっしょにいただきます。

薄力粉のおかげか、皮までふんわりやわらかい、ほわほわのパンでした。甘くて、ミルクの風味がほんのり。はちみつをちょっといれてもよかったかも、と後から思いついたりして。
ふんわりパンが続いたので、次は、どっしりハード系のパンを焼こうかなあ。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-02-28 21:03 | 帰ってすぐ20分でごはん | Comments(0)

寝坊しました

目覚めて、横をみたらベッドにいるはずのシンタロウさんも、スミレもいなくて、外はなんだかいつもより明るい、、、あれ?
寝坊しちゃった!

慌てて起きたらいいにおい。
朝ご飯が用意されてました。

a0112420_2120791.jpg

シンタロウさんがホットケーキを焼いてくれていました。果物も切って添えてあったり。

たまには寝坊もいいものです。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-02-27 21:26 | 帰ってすぐ20分でごはん | Comments(0)

帰ってすぐ 20分でごはん その15

a0112420_22191914.jpg

ねぎと鶏そぼろのどんぶり
れんこんと牛肉の胡麻いため
菜花のお浸し
けんちん汁

けんちん汁は水煮を使いました。さすがに里芋の下ごしらえはちゃんとやると20分はきついと思います。ごま油で根野菜とこんにゃくを炒め、だし汁を加えて煮込み、醤油で味付け。
けんちん汁は、しばらく存在を忘れていて(似た材料があるとつい豚汁を作っていました)かなり久し振りに作りました、、、それにしても「けんちん」って何?
[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-02-26 22:17 | 帰ってすぐ20分でごはん | Comments(2)

すっきり隠せます

うちは、あまりテレビを観ません。
それに、テレビが置いてあるとなんだか部屋がすっきりしないような気がするんです。
と設計の段階で、設計士の先生にお話ししたら、こんな素敵な提案をして下さいました。

普段は壁のようですが
a0112420_19234084.jpg


通路側へ、この壁をスライドさせると
じゃーん、この通り
a0112420_19165451.jpg

一面棚になっていて、画集などの大きな本もすっきり収まります。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-02-26 20:44 | 家のこと | Comments(2)

ありがとうのパーティー

家を建てた時に関わって下さった方々を家へお招きしました。
設計士の先生、大工さん、基礎工事屋さん、建具屋さん、ガラス屋さん、電気工事屋さん、などなど、総勢18名。
建築中はなかなかゆっくりお話をする機会もなかったし、皆さんのおかげで素敵な家ができましたとのお礼と報告をかねてのちょっとしたパーティーです。
皆さん、とても気さくな方で楽しい時間を過ごしました。
家を作って下さった方の顔がわかるのは、安心でもあります。これから何かあったとき、気軽にお願いできるかも!?
昨晩も早速、玄関のドアノブの動きが悪いことを発見して下さり(私はそんなものかなあ、と呑気に思っていた程度だったのですが)直してくれる約束にもなりました。

a0112420_8521855.jpg

名古屋からきてくれたマミちゃん(母)も手伝ってくれて、いろいろ料理を作っておもてなししました。

以下、お料理について作り方などメモ書き。

ローストチキン

ロジェールのオーブンには「ぐるぐる鶏機能」がついています。
オーブンのなかに専用のくしを差すと鶏が回転して、むらなく火が通り、とてもおいしいチキンが手間なく出来上がります。塩をふって1時間おき、胡椒とオリーブオイルをまんべんなく塗って串を刺して焼くだけ。2羽焼いたのですが、好評であっという間に骨だけになりました。
これでローストチキンは3度目ですが、失敗なし。すでに人が集まる時の、我が家の定番メニューになりつつあります。ぐるぐる鶏がまわってるのがなんだか楽しげで盛り上がったりもするのです。

牛肉の胡椒醤油煮

フライパンにニンニクとサラダオイルを入れてあたためます。牛もも肉のかたまり(400-500g)に焼き色をつけ、そこへ醤油50cc酒ちょこっと水ちょこっと、まるごとの胡椒(丸いのね)をざっといれて、煮汁をかけながら10分中火で煮ます。それだけ。
しばらく置いて肉を落ち着かせてから切り分けると、なんと、ローストビーフのような仕上がりです。程よく煮詰まった汁をかけてお出しします。
超かんたんで、おいしいし、オーブンがなくても作れるおすすめメニューです。

あとは、グラタンや、カルパッチョ、炊き込みピラフなど。まみちゃんが天むす、たこの煮物、おいなりさんなどを用意してくれたので、それなりににぎやかなラインナップとなりました。そうそう、ピザ生地を仕込んでおいて薪ストーブでミニピザを焼いたりもしました。

ちゃんとセッティングしてばーん、と写真を撮りたいのですが、いつもこういう時ばたばたしてしまって、ちゃんと撮れないのです、、、。結局、今回の写真はこの一枚だけ。
でも、小川原設計事務所さんのイトウさんがいっぱい写真をとっていたようなので、近いうちに小川原設計事務所さんのホームページにアップされる、、はずです!!(よね?)

追記....
早速、写真をアップしてありました。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-02-26 09:36 | 家のこと | Comments(2)

ネイル

a0112420_211653.jpg

プレゼントを選ぶお客様と一緒に、お話ししながら商品をつけて見せることがよくあります。
指輪をつけた手を見せながら、指先だってちゃんときれいなほうがいいよね、と思いつつも、家事をすると1,2日でマニキュアははげてきちゃうし、毎日きれいに塗る時間なんてない!と諦めぎみでした。

でも世の中には便利なものが開発されていたのです。

それはジェルネイル。

11月のなかば、クリスマスシーズンを前につけてもらったので、かれこれ3ヶ月くら続けています。超らくちんでかわいいのです。水仕事をしても、固い物があたっても大丈夫。乾燥で爪が割れる事もなくなりました。

普通よりもずっと短めに作ってもらいます。
店でビーズを組んだり、パーツをつけたりと、細かい作業をするし、なんといっても本業は子育て主婦なので子供たちの世話がしやすいように。

乙女の(30過ぎても乙女ですよ)自己満足なのですが、やっぱり爪もキレイだと毎日気分よくお店に立てるような気がして、しばらくやめられなさそうです。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-02-24 21:17 | 仕事のこと | Comments(0)

帰ってすぐ 20分でごはん その14

a0112420_1951727.jpg

桜えびご飯
たらの酒蒸し(舞茸とにんじんも一緒に)
春菊とにんじんの白和え
インゲンのピーナツ和え
サラダ
厚揚げの皮(?)とネギのみそ汁

本日の20分メニューのツボは
白和えを厚揚げで作ること。
厚揚げの中身を使うと、豆腐の水切りをしないで作れるのです。

以下作り方と手順です

2つの鍋にお湯を沸かしておきます。1つの鍋にだし汁を沸かします。

さくらえびと、だし汁、醤油、みりん、酒をお米と炊きます(米は朝のうちに洗ってざるにあげておきました)土鍋で10分、蒸らし10分で出来上がりです。

タラの切り身には塩をふっておきます
人参はひたすら切って、半分白和え用に、半分はタラの酒蒸しへ。
ほかの野菜も切ってしまいます

セイロに酒をふったタラとにんじん、小分けにした舞茸をセット。おしまい。

人参、インゲン、春菊は一緒のお湯で茹でてしまいます。春菊は最後に。茎から葉にむかって順番にね。
ざるにあげて冷水にさらしたら、
厚揚げのまわりを切ります。
厚揚げの皮は、適当な大きさに切り、みそ汁へ。

中身はボールに入れ練りごま、醤油、砂糖と一緒に木へらでつぶしながら混ぜます。水を絞った春菊と人参を入れてお皿に盛って完成。

お皿に粉末ピーナッツをいれ、砂糖と醤油をたらします。混ぜてからインゲンを入れさっと和えてこれも完成。

みそをといて、きざみねぎを入れてみそ汁も完成。

サラダは切ってサラダスピナーの中に常備してるレタスと水菜。トマトだけ切っておしまい。

桜えびごはんは、ほんとは針ショウガとどっさりのセリをいれるとおいしいけど、子供が食べれなくなっちゃうのでゴマたっぷりで我慢です。


こうやって文字にすると、いつも長くて、やること一杯なかんじ、といつも書くたび思うのだけど、いざ台所に立って作業すると意外とざっとできるものです。
仕事帰りの車のなかで、冷蔵庫の中身を思い出しながら、だいたいの手順を考えておいています。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-02-24 21:07 | 帰ってすぐ20分でごはん | Comments(2)

帰ってすぐ 20分でごはん その13

こないだの土曜に近所の小さなスーバーで安曇野豚のソーセージを発見。
(近所の小さなスーパーは、ゆうたろうがスイミングスクールのバスを降りる場所なのです。)

朝のうちに、薪ストーブの上へ鍋をセット。野菜と鶏肉をスープストックで、ことこと煮こんでおきました。

帰ってきたら温めて、最後に安曇野豚のソーセージをいれて温まれば出来上がり。
スパイスがきいていて私は好きだったけど、子供たちは次は普通のウインナーにしてほしいって。
今回はもっぱら一緒に煮込んだ鶏肉を食べていました。


a0112420_2210722.jpg


a0112420_2210449.jpg

[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-02-23 22:13 | 帰ってすぐ20分でごはん | Comments(0)

焼きリンゴ

まだまだ、たくさんあるリンゴ。
ここのところ煮リンゴばかりだったので、ちょっといつもと違う感じに。
オーブンで焼きりんごを作りました。

作り方は至って簡単。
芯をスプーンでくりぬき、そこへバターとはちみつを入れます。仕上げにシナモン。
a0112420_8494058.jpg

オーブンで30分くらいで、出来上がり。
a0112420_934929.jpg

土曜だったので家にゆうたろうたちのいとこが遊びにきていたのですが
いとこくん(6さい)いわく
「わ、アメリカのにおいがする、、、」
そうです、いとこくんも半年前に我が家のアメリカ旅行に同行したのでした。アメリカのレストランやカフェって確かにシナモンの匂いするかも。お菓子とかもシナモンいっぱい使うしね。
彼のにおいの記憶力と観察力、すごいなあ、と感心したのでした。

子供たちは3人とも、それぞれリンゴ一個分ずつ平らげてしまい、私の分は残りませんでした。
ゆうたろうは
「ちょーうま。」
イマドキなかんじで褒めてくれたので、うまく作れていたのだと思います。
簡単だったのでまた作ろうかな。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-02-22 21:47 | おやつとパン | Comments(0)