<   2008年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

子連れアメリカ旅行

a0112420_1655838.jpg

a0112420_1655724.jpg

a0112420_1655586.jpg


アメリカ旅行出発の前日、娘は38.5度の熱でぐったりしてたけど、小児科で事情を話して薬を処方してもらい出発することに。

娘は飛行機ではずっと寝ていて、ロスにつく頃には熱も下がり元気を取り戻したのでした。
ロスに寄ったのは、元ホームステイ先のお父さんお母さんに会うためと、子供たちのためにディズニーランドへ行きたかったから。

ディズニーランドホテルの部屋代と食事の高さに驚きつつも、子供と一緒になって楽しんできました。お父さんお母さんもホテルまで来てくれて、久し振りにいろんな話をしました。メールはずっとやりとりしているのだけど、やっぱり会って話をするのは楽しい☆

2日間みっちりディズニーランドで遊び、飛行機に乗ってアルバカーキへ移動。レンタカーを借りた後、デリで遅い夕食をとり、アルバカーキのモーテルに宿泊。

4日目 アリゾナ州とニューメキシコ州の地図を買ってからアルバカーキからモニュメントバレーまで移動。途中、ウインドウロックというナバホ族の街でナバホネイションフェア(ナバホ族のお祭り)が開催されている事を知り、立ち寄ることに。大振りのインデイアンジュエリーを身につけたナバホ族のおじいちゃんおばあちゃんたちがかっこよかった!サンドキャストのかっこいいバングルをひとつ購入。
キャニオンデシェイ国定公園のノースリムを通り、モニュメントバレーについたのは夕方で、ビュートに赤い日が射し西部劇の一場面を見るよう。モニュメントバレー近くの街ケイエンタで宿泊。

5日目 ケイエンタからレイクパウエル。ずっと行ってみたかったアンテロープキャニオンへ。艶かしく幻想的な空間とわずかに差す光が照らす、優しく複雑な色彩に息を飲み、、、、ふと横をみると黙々と砂遊びに興じる息子と娘。ある意味贅沢。ペイジという街で宿を見つけた後、ブルーブッダという寿司バーへ行き、Made In USA のラズベリー風味の日本酒を飲む。意外とおいしかった。日本でも売ってるのかな?

6日目 グレンキャニオンダムをちらとり見てから、セドナへ出発。宿を探して値段の高さにびっくり。なんとか町中で手頃な値段でこぎれいな宿を見つけチェックイン。プールでこどもたちと少し遊んでから、前日セドナに引っ越したばかりのMちゃんと合流。レッドロックを案内してもらい、一緒にメキシカンを食べて宿にもどる。

7日目 セドナの隣町にあるインデイアンジュエリーの店へ。アンティークのかっこいいものがたくさん。気に入ったものを少しだけ買って、出発。アリゾナ大隕石孔(隕石の落ちたあとの穴)に寄ってから、化石の森国立公園へ。木が化石化して宝石になっているのが、砂漠にごろごろ転がっている不思議な場所。ギャラップで宿泊。

8日目 ギャラップの街で、ターコイズの裸石をいくつか購入。いきたかった@[とある店が日曜日でお休みでがっかりしつつもサンタフェへ移動。小さなキッチンのある部屋だったので、近くのスーパーで食材を調達して簡単な夕食を宿で済ませ、夜Hさんと会う。はじめて会ったときから15年以上、なんかあんまり年をとらないHさん。自由な人だから?近々サンタフェのダウンタウンに寿司バーをオープンさせるそう。彼ならきっとうまくいくと思う。

9日目 朝、早起きの息子とプールで遊んだ後、サンタフェのダウンタウンをうろうろ。本屋さんで、インデイアンジュエリーの本、ナバホスプーンの本、ターコイズの本を購入。店じまいするというジュエリーショップで、ターコイズのペンダントトップを、いいけど高そうだな~と見ていたら半額以下の値段にしてくれるということで買う事に決めた。昼食はショーコカフェへ。すぐ近くのオーキフミュージアムへ行きたかったけど、子供たちが眠そうだったので諦め、車に乗りアルバカーキへ戻る事に。次の日のフライトが朝早い事を考え、空港近くの宿を探し、チェックインしてからウォルマート(食料品から衣類、おもちゃにルアーまでいろいろ売ってるスーパー)で買い物。どうしても、という子供たちの熱意に負け、プールにつきあってから就寝。

10日目 アルバカーキからシカゴ経由で成田へ(なんとロス経由便がキャンセルになってしまったのです)

....という10日間の旅行でした。行き当たりばったり、レンタカーで走り通しの「男っぽい旅(Mちゃん評)」でしたが、ほんと楽しかった~。また行きたいなあ。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2008-09-08 16:06 | 旅の記録 | Comments(0)