「ほっ」と。キャンペーン

アイコさんとシローさん

a0112420_21275774.jpg

アイコさんとシローさんは私の母方の祖父母。
遠くに住んでいるので、小さい時から年に1,2回くらいしか遊びにいけず、オトナになってからは2年に一度しか顔を出せないでいます。

アイコさんとシローさんはとても仲がいいです。
いつも基本的にケンカしてるんだけど(たいていはアイコさんが物をだしっぱなしだったりやりっぱなしだったりを、シローさんがぶつぶつ言ってて、アイコさんが言い訳してるかんじ)いろいろ言い合いながらもお風呂の時間になると、言い合いを続けながらお風呂場へ行き、言い合いを続けながら一緒にお風呂に入り、言い合いを続けながらパジャマを着てダブルベッドで寝ます。
(ちなみに、シローさんはこてこての茨城弁なので、だめだっぺ、だめだっぺと怒っています。)

この2、30年、いつ泊まりに行っても同じ光景。それはなんだか、とても微笑ましい光景です。

おじいちゃんとおばあちゃんになっても一緒にお風呂入って、寝るのっていいなあ、と憧れの夫婦でもあります。

冒頭の写真は、アイコさん手編みのセーターとスカートセットの模様。最近は年をとって(なにせ曾孫が5人もいるくらいです)編み物はしなくなっちゃったけど、小さい頃から大人になるまでずっと私のセーターを編んでもらっていました。何でも作ってくれる器用な人です。そのあたりも憧れ。

最後に遊びに行ってから2年経ってしまいました。会いに行きたいなあ。

a0112420_21295627.jpg

[PR]
by sayaka_ozawa | 2009-02-10 21:31 | 家族のこと | Comments(0)


<< 薪ストーブ活躍中 一輪ほどの暖かさ >>