「ほっ」と。キャンペーン

新学期とツリーハウスと直角のこと

a0112420_14224738.jpg
しばらくからす川通信の更新が遠のきましたが、からす川一家は元気に暮らしています。

先週の金曜日から学校がはじまりました。長野県は夏休みが短いのです(全国的に新学期は9月1日からだと勝手に思っていました!)

夏休みの間は、子供たちとプールに行ったり、釣りに行ったり、とことんゲームをしたり、パソコンで遊んだり(たぶん今なら私、マインクラフトについて一番詳しい38歳の自信アリ。forgeだって各バージョンで入れたよ!笑)
とりあえず一緒になって遊んでいました。


夏休みの宿題は、私は基本ノータッチ。
すみれさんは7月のうちに夏休み帳と日記を終わらせ、自由研究だけ8月に。
夏休み前に授業の中で、自由研究の手引きを先生がしてくれてあったこともあり、写真をプリントアウトする手伝いをするほかは、自分で。

私自身が、宿題について何も母に言われた覚えがないので(決して手伝ってもくれなかったけど)放ったらかしでも、やる人はやる、やらない人はやらない、と思っております。

やらない人代表、ゆうたろう氏は、友達と遊びたいから早く学校に行きたいなーと日々言っていました。
a0112420_14334840.jpg
夏休みがあけて、念願の(?)新学期。
特別学級の友達と遊んだり勉強したり(音読やパソコンで作文を書いたりすることが多いです)
ツリーハウスも少しずつ進化。ハンモックもつきました。

ツリーハウス建築する際のポイントとして「直角」について先生が説明してくれた日、ゆうたろうは泣きながら帰ってきました。

「おれ、ちょっかくがなにか、ぜんぜんわかんねー。おれ、やっぱり、ばかなんだよ。泣」

…はて、直角ですか。改めて考えると私も説明にこまる。折り紙を折ってみたけど、手先の器用でない息子が折った折り紙は直角じゃないと指摘すると怒る。

そこへ帰ってきたすみれさんは、「え、直角、こういうのだよ。90度」とさらっと角を書きます。

「そういうふうにゆがんでるのは、ちょっかくじゃねーっていうしさ、ちょっかくって、なんだよ。90ど、とか100どとか、おんどかよ。どって、なんだよ。いみわかんね!」

おそらくですが、わからないというのは3つの理由がありそうです。
彼の頭の中はすべて「音」だけでできているので
「鋭角」「鈍角」「直角」「四角」が、えいかく、どんかく、ちょっかく、しかく。
カクカクだらけで、音として聞き取り覚えるのが難しいのがひとつ。

度とは何か(温度の1度って何?角度の一度ってなに?)が理解できていないのがひとつ。

もうひとつは、直角が何か わかったふりができないのがひとつ。

だって、私も直角知ってるつもりだったけど、うまく説明できなかったということは、なんとなくわかったようなふりをして38年生きてきただけなのかも。
わかんないってことがわかんない、と思えるのも才能だし、ゆうたろうの面白いところだと思います。

直角とは何か、どう教えたらいいか、Facebookで相談してみたところ、友達からたくさんアイデアとアドバイスをいただきました。(みなさん、本当にありがとう!)

日常の生活のなか、学校での活動のなかで、直角とは何か手がかりを与え続けることで、彼なりに自分で答えをみつけて納得できる日が来るといいなと思っています。


[PR]
by sayaka_ozawa | 2014-08-28 15:35 | 家族のこと | Comments(0)


<< 冬のからす川 夏休み旅 >>