名古屋、東京、巡礼の年

12日は36歳最後の日。

名古屋へ出張だったのですが、訳あって予定していた電車に一本乗り遅れてしまいました。
5分遅れると、1時間待たなくてはいけないのです。しまった、、、!
仕事の方は余裕をもってスケジュールを入れてあったので問題なかったのですが、さて1時間弱の、ぽっかり空いた暇な時間をどうしよう。

そういうときは、本屋さん行きます。
タイトルを眺めたり、ビジネス書を立ち読みしたりしているうちに、すぐに時間が過ぎるから。
そこで目に入ったのが、村上春樹の新刊。
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」
a0112420_10254731.jpg



1Q84は面白かった。けれど、私は、全ての村上作品のファンというわけでもないのです。
なんだかんだその作品の殆んど全てを読んではいるけれど、いつも図書館で借りるか、文庫になるのを待つことにしていました。(移動のときは、やはり軽い文庫が便利なので。)

それでも、ちょうど発売されたばかりで山積みになっている本たちを眺めるうちに、なんとなく買って読んでみようと思いたったのです。
その本を手に名古屋へ向かう電車に乗り込みました。

これから読む人も多いと思うので、あまり詳しい事は書きません。
ただ、36歳の主人公と、名古屋と浜松と新宿駅の松本行きの10番ホームが出てきて、それは全部私にゆかりのある場所で、ほかにも色々思うところと重なったりと、とても不思議な気持ちになったのでした。
好きか嫌いか、面白いか否かは別として、36歳最後の日に読んでよかった本。
(まあ、36歳と37歳の間には、たいして大きな違いはないのだけれど、やっぱり主人公と同い年であるうちに読んだ方がよかったでしょ、くらいの感じで。)

アルフレッド・ブレンデル演奏  フランツリスト巡礼の年

翌日、37歳になった初日は東京へ。新幹線でびゅーん。
LEEのステキなみなさんとお仕事。その後、御徒町でも仕事を済ませて松本へ。
a0112420_103541100.jpg

子供たちは週末、イトコと一緒にじじばばのお家にお泊まりだったので、、、
a0112420_1131645.jpg

シンタロウさんと夜桜見物をして、、、
a0112420_1141189.jpg

豊科のハローズバーでベルギー生ビールを飲んで、小さなお誕生日のお祝いをして、お家に帰りました。

Facebookやメールでも、たくさんお誕生日のメッセージをいただきました。
ひとりひとりの言葉がとても嬉しくて、幸せだなーと思う楽しい誕生日となりました。
ありがとう♪


[PR]
by sayaka_ozawa | 2013-04-14 11:58 | 覚え書き | Comments(4)
Commented at 2013-04-15 18:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mignon51 at 2013-04-15 21:24
さやかさん、お誕生日おめでとう。
37歳もさやかさんらしく、素晴らしい1年でありますように^^
Commented by sayaka_ozawa at 2013-04-22 12:54
鍵コメさん>ありがとうございます。
Commented by sayaka_ozawa at 2013-04-22 12:55
サラさん>ありがとうございますー!私らしく、、、いろいろ迷走中ですが、それもまた、私かな。笑!そうそう、こないだ東京でTTさんに久々会えて楽しかったです☆


<< 帰ってすぐ 20分でごはん そ... 松本城の桜 >>