永遠の永遠の永遠

a0112420_13454087.jpg


初めて草間弥生さんの存在を知ったのは、高校生のとき。
愛読していたスタジオヴォイスという雑誌に載っていて、面白い人がいるんだなぁと思っていたのです。

それから、数年後。
留学中に美術館で草間弥生大回顧展が開催されていたのを見に行きました。
まだ「彼氏」だったシンタロウさんとデートで。

そのときに、うわーって思ったのが、
白いキャンバスに白い網がひたすら描かれた作品。
タイトルは失念してしまいましたが、その連作が印象的でした。
a0112420_134852100.jpg

昨日の出勤前。
シンタロウさんと、仕事前に、松本市美術館開催中ので草間弥生の「永遠の永遠の永遠」展を見に行ってきました。
残念ながら、その白い網目の作品はなかったけれど、
80歳過ぎて、なお、伸びやかで豊かな色彩と形に、エネルギーをもらいました。
インスタレーションも、よかった。
いろんな角度で見え方が変わる驚きは、実際その場に立たないとわからないと思うのです。
鏡や暗闇とガラスを上手く生かした「反復」と「増殖」の表現が美しかった。
a0112420_13474066.jpg

今週の日曜日(4日)まで。
朝9時から見れますよ。

写真撮影可の場所がたくさんあるのも、面白いなーと思いました。
やっぱり「反復」と「増殖」ってことなのかなぁ。
[PR]
by sayaka_ozawa | 2012-10-31 13:51 | 覚え書き | Comments(0)


<< ルパン三世 コインペンダント&... 帰ってすぐ 20分でごはん そ... >>