娘が生まれたら

a0112420_2033771.jpg

昨日、クラブアップルの木をYu-meiと一緒に植えました。
植えながら、Yu-meiにきいた韓国の伝統の話。

一家に娘が生まれると、お父さんは庭に木を植えるそうです。
木は娘とともに成長していきます。
そして、娘が成人し、お嫁にいくと決まったら
お父さんは庭の木を切り倒します。

お父さんはその木で娘の嫁入り道具となる家具を作るのだそうです。

すてきな話!!

我が家の庭にもすみれさんの為に家具になりそうな木を植えようかな。
(玄関周りは賑やかになってきたとはいえ、ご覧の通り、庭はまだまだ閑散としています。10年、、いや20年計画(?!)ですから、のんびり、のんびり作っていきます!)
[PR]
by sayaka_ozawa | 2010-05-13 20:38 | 家族のこと | Comments(2)
Commented by てか at 2010-05-13 22:59 x
すごいいい話だね。そういう長いスパンで子育てを考えなくてはいけないよね。まだまだ先は長いですなあ。
Commented by sayaka_ozawa at 2010-05-14 21:47
てか>木の成長と人の成長、毎日は目に見えないけれど、確実に成長していくという面で考えると似ているのかもしれないね。
先は長いけれど、楽しみだ!


<< 帰ってすぐ20分でごはん その135 5月の庭 >>